美と健康をテーマに活動するLure(ルーア)|ボディスタジオ|加圧|パーソナルトレーニング|TRX|ダイエット|美容・健康食品|コスメ・美容商材

奈良/学園前スタジオ 奈良/白庭台スタジオ

利用規約

1条 総則
本会則は、「Lure」、「カルチャースクール ルーア」、「ボディースタジオルーア」(以下総称してスクール)の会員ならびに、本スクールに入会しようとする方に適用します。

2条 運営・管理
スクールの施設は株式会社ルーア(以下「会社」)が、その運営・管理にあたります。

3条 会員資格条件
本スクールに入会出来る方は、本会員を承認した方とします。
スクール裁量により、入会申し込みを承認又はお断りすることができ、その理由を示す必要はないものとします。
1)感染症や感染性皮膚病及びこれに類する疾患を有する方
2)刺青・タトゥーのある方
3)暴力団関係者
4)総会屋・社会運動標榜ゴロ・特殊知能暴力団又は関係者
5)年齢が18歳未満の方は、保護者の承諾が必要です。

4条 入会
1)本会則を承認の上、会社所定の入会手続きを行い、入会金及びその他会社が定める料金を納入し、会社により入会の資格を認められた方をスクール会員とします。
2)一旦お支払頂いた入会金は以下の場合を除き、払い戻しいたしません。
 ・受講申込後、申込した講座が一度も開催できずに中止となり、他の講座を受講されない場合。
3)一度入会すれば、ご希望の講座を何講座でも受講出来ます。(講座によっては特別入会金が必要な場合があります。)
4)会員の有効期間は最終受講日から1年です。
5)18歳未満の入会を希望する場合は、本人とその親権者等の法定代理人(以下「法定代理人」という。)が連署の上、入会手続きを行うものとします。
この場合、法定代理人は、本会則等に基づく責任を本人と連帯して行うものとします。
 
5条 退会
1)会員本人の都合により退会する場合は、会員本人又は法定代理人が会社が定める期日までに、所定の手続きを完了し、会社の承認を得るものとします。
 電話・FAX・電子メール等による申し出は無効とし、本人及び法定代理人以外の代理人による手続きの場合は委任状を提出頂きます。
2)会員は退会が有効となった月末までの受講料を支払わなければなりません。また受講料等の未払いがある場合は完納しなければなりません。
3)退会届が提出されない限り、会員資格は有効とし、受講の有無に関わらず、受講料等をお支払い頂きます。
4)会員が受講料を2か月以上滞納した場合は、会社は会員が退会したものとみなすことが出来ることとします。但し、これによる退会の場合でも前2)を適用とします。

6条 休会
1)本スクールは基本休会制度は設けません。
2)限られた期日休会の場合、所定の用紙に届出て下さい。

7条 除名
会員がいずれかに該当する場合、又は明らかな場合は会社は会員の資格を除名することができます。
1)入会資格を喪失した時。
2)本規約、その他スクールが定める規則等に違反した時。
3)会社またはスクールの名誉・信用を毀損し、秩序を乱した時。
4)会社が定めた期限を過ぎて、受講料等を滞納し会社からの警告に応じず支払わない時。
5)入会に際して、会社に虚偽の申告をした時。
6)会社が除名に相当と認めた時。

8条 会員資格の喪失
会員は次の場合、その資格を失います。
1)退会(自動退会を含む)
2)除名
3)死亡
4)失踪宣告を受けた時。
5)スクールの閉鎖

9条 会員資格の譲渡・名義変更
1)会員資格の他人への貸し出し、譲渡ならびに名義お変更する事はできません。

10条 入講
1)受講の申込される場合は、所定の用紙で届出て下さい。(所定外のメール・電話・口頭などの届出は不可)
2)受講料等、定められた方法・期日でお支払下さい。講座案内等にテキスト代や教材費や交通費等を明示してない場合でも、別途必要な場合があります。
3)一旦納入された受講料は、された受講料等は第14条の場合を除き払い戻しいたしません。
4)会社は、スクールの運営上必要とした場合、又は経済・社会情勢等に応じて会員種別の改廃もしくは受講料の金額を変更致します。
2)同一講座への再入講は、2か月以内は受付出来ません。

11条 退講
1)会員本人の都合により退講する場合は、会員本人又は法定代理人が会社が定める期日までに、所定の手続きを完了し、会社の承認を得るものとします。
 電話・FAX・電子メール等による申し出は無効とし、本人及び法定代理人以外の代理人による手続きの場合は委任状を提出頂きます。
2)会員は退講が有効となった月末までの受講料を支払わなければなりません。また受講料等の未払いがある場合は完納しなければなりません。
3)退講届が提出されない限り、会員資格は有効とし、受講の有無に関わらず、受講料等をお支払い頂きます。

12条 欠席 ・振替
1)振替を希望の方は3日前にご連絡下さい。それ以降の変更は欠席とさせて頂きます。
2)一部振替出来ない講座がありますので事前に確認して下さい。
3)欠席された場合の振り替え・払い戻しは致しません。
4)前日または当日のキャンセル、無断キャンセルの場合はレッスン料を全額お支払いいただきます。

13条 休講および代講カリキュラムの一部変更
1)やむ得ない事情により、休講または予定の講座内容の一部変更、及び代理の講師で実施する事があります。(軽減・免除は致しません)
2)講師の病気やけが、台風や地震などの自然災害のため休講する場合は原則補講を行います。
3)事情により補講が開催できない場合は未開催分の受講料は払い戻し致します。

14条 講座の中止等
1)受講者が極端に少ない場合、講師のやむ得ない事情により、開催日を延期、または講座を中止する事があります。
2)講座中止の場合、未開催分の受講料を払い戻しします。

15条 入場禁止・退場
1)酒気帯びしている時。
2)感染症や感染性皮膚病及びこれに類する疾患を有する方。
3)刺青・タトゥーのある方。
4)暴力団・暴力団関係者。
5)総会屋・社会運動標榜ゴロ・特殊知能暴力団又は関係者。
6)運動や健康実技の講座の方は医師から運動が好ましくないと判断された時。
7)他の会員に迷惑になるものや動物を持ち込んだ時。
8)営利を目的としてスクールを利用していると判断された時。
9)正当な理由なく、会社及び施設スタッフの指示に従わない時。

16条 禁止事項
会社は会員が施設内において次の行為を禁止します。
1)他の会員の方や会社、グループ会社スタッフへの誹謗・中傷。
2)他の会員の方や会社、グループ会社スタッフへの威嚇・迷惑・暴力行為。
3)スクール施設・設備・器具・備品の損壊する行為や無断での持ち出し。
4)会員の方や会社・グループ会社スタッフの待ち伏せや後をつけたり、みだりに話かける等の行為。
5)痴漢・のぞき・露出・唾を吐く等、法令や公序良俗に反する行為。
6)講座で使用しない刃物や危険物の施設への持ち込み。
7)物品販売や営業行為、金銭の貸借、勧誘行為、政治活動、宗教活動、署名活動。
8)高額な金銭、貴重品の施設への持ち込み。
9)施設内は禁煙です。
10)受講中のカメラや録音機器による撮影・録音は禁止とします。
11)近隣の方への迷惑行為。

17条 盗難・紛失及び忘れ物
1)会員のスクールを利用に際して生じた盗難・紛失については、会社は一切の損害賠償の責を負いません。
2)スクールに設置されているロッカー等についても会員自身の責任と負担により、これを利用するものとし、収納物の盗難・毀損その他について、会社は一切の損害賠償・補償等の責任を負いません。
3)忘れ物については会社が定める保管期間経過後は、会社は会員が所有権を放棄したものとみなすことができ、廃棄等の処分を行うことが出来ることとします。また会社からの忘れ物の連絡があっても取りにこず、保管期間経過後も同様。
4)駐車場内のトラブル・盗難等、会社は一切責任は負いません。

18条 損害賠償
1)受講中の傷害・損害事故は会社は損害賠償の責をおいません。
2)会員またはその法定代理人はスクールの利用に際して、本人の責に帰すべき自由により、会社またはスタッフ及び第三者に損害を与えた場合は、速やかにその賠償の責を行うものとします。
3)施設の利用に際して、会員または第三者に生じた人的・物的事故について、会社は一切賠償の責は負いません。
4)駐車場内でのトラブル・事故等、会社は一切責任を負いません。

19条 受講に対しての注意事項
1)スポーツや健康実技系の講座や野外講座へのご参加は健康状態や体調に気をつけて下さい。(体調に心配の方は医師と御相談下さい。)
2)講座で使用する、刃物・工具類・火気・薬品等の取り扱いは慎重にお願いします。
3)非常口・避難口通路などは事前に確認お願いします。
4)特定の講座以外のお子様連れの受講はお断りします。お子様連れの際一切責任を負いません。
5)スクールの器具・備品などの貸し出しは行っておりません。

20条 施設の閉鎖
スクールは以下の場合諸施設の全部または一部を閉鎖する事が出来ます。
1)気象・災害・その他により開場が不可能と認められた時。
2)施設の改造または補修の時。
3)法令や政令改廃などによる時。
4)経営上の理由がある時。

21条 個人情報について
・会社が取得する会員の個人情報の項目
1)「受講中申込書」の記載事項(変更のお申出内容を含みます)氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・電子メールアドレス等
2)金融機関の講座番号
3)その他の個人別に付与された番号・記述その他の符号。
4)画像または音声によりその個人を識別出来るもの。

・利用目的
1)サービスの円滑な運営の為。
2)会社およびグループ会社からスクール情報その他情報を提供する為。
3)お問い合わせなどに対応する為。
4)受講料等の決済の為。

・第三者への提供
会社は、会員の個人情報を保護する為に、会員の個人情報を適切に管理し、以下に該当する場合を除き、第三者に開示致しません。
1)会員本人の同意がある時。
2)法令により、第三者に開示するよう要請されることがあり、会社が法的責任を負う恐れがある場合。

22条 その他
本会則にない定めのない事項については、必要に応じて会社がこれを定めます。

23条 本会則の改定
会社は必要と認めた場合、本会則の改正・変更を行うことができ、その効力は全ての会員に及ぶものとします。
 
附則
本会則は2013年5月1日施行します。

ページTOPへ戻る